製品情報

CT-60DLLSC半折式高速シール自動製袋機<スタンドパック・チャックシール装置付き1列取製袋専用>

半切タイプ大型スタンドパック製袋機のベストセラーCT-60DLLSCがさらに進化!
「240ショット/分」の高速製袋が可能になりました。

CT-60DLLSC

CT-60DLLSC 詳細

概 要 フィルム(原反)を半分に折り(半切方式)、袋の両側をシールすることでスタンドパック、または三方シールの袋を造る製袋機。底面の幅を広げるガセット加 工に対応し、ペットフードやお菓子、日用品用の袋、家庭用洗剤、肥料や種苗の梱包などの幅広い用途に適した、大容量で保存性の高い自立型の袋がつくれま す。ずれの許されない「底ガセット部のピッチ印刷」にも対応可能です。
製袋速度 大型の袋ながら<最高240ショット/分>の高速性と美しく、高い強度のシール加工の両立を実現。アップグレードを重ね、余裕をもって高速運用が可能となりました。トタニ独自の製袋技術で大型袋でも美しいチャックシール加工が可能です。
メリット 何といっても「店頭で目立つ大型のスタンドパック」が造れること。市販ラミネートフィルムに対応し、大型袋の重い内容物をしっかり支える高強度・高品位のシール加工を実現。幅広の底面ガゼット加工でたっぷりの容量を確保しています。本体フレームは、スペースや用途に応じて3つのサイズをご用意。大型三方シール袋を効率よく造りたい!というニーズにお応えします。
「半切方式」とは? 材料となるフィルム原反を1本だけ使う方式。この場合、原反には袋の「表」と「裏」になる面が並んで印刷されているため、あらかじめ「表」用と「裏」用にフィルムを半分に切り分けておき、製袋機上で重ね合わせてからシール加工などをして袋をつくる方法。

製袋可能な袋の例

チャック付きスタンドパック 1列取り製袋(ガセットなし)

CT-60DLLSC

  • W(袋幅):最大450mm
  • L(袋長):最大600mm

チャック付きスタンドパック ガセット1列取り製袋

CT-60DLLSC

  • W(袋幅):最大450mm
  • L(袋長):最大600mm-G
  • G(底ガセット深さ[折込幅]:最大100mm

※ 袋幅410mm以下の場合、ガセット部のKシール(舟底シール)が利用出来ます。

食品や日用品用袋の製袋に最適。開閉が楽で保存性が高く、店頭でも目立つ袋が造れます。

袋の用途(市場ニーズ)からお奨めの製袋機の情報を探すこともできます。詳細は「袋の用途から探す」をご覧ください。

トタニ製袋機についてのお問い合わせ、ご相談

貴社の製袋用途に対応した機種、対応寸法、個別仕様変更のご相談などはこちらから。

  • (075) 933-7610
  • (075) 933-7602
このページのトップへ