製品情報

BH-60DG-Fボックスパウチ®製袋機

他社の角底袋とは一線を画すボックスパウチ®が造れる製袋機。
小容量のボックスパウチ®を、高速で製袋できます。

BH-60DG-F

二列取りタイプのBH-60DG-Fの動きを動画で!

  • [製袋機レビュー:BH-60DG-F]小容量ボックスパウチ袋で二列取り。製袋速度も高速化。

    固形物だけでなく、液体の保存や運搬にも最適のトタニの小容量ボックスパウチ®製袋機に二列取りが登場。製袋速度も120ショット/分と従来機からさらに高速化を実現しています。高速稼動でありながら、高い生産性と高強度のシール加工を両立しています。
  • *ボックスパウチ®は製法、袋の品質に関し他社の角底袋製造技術とは一線を画する日本特許、
    海外特許取得済の独自技術によって製造されています。登録商標第4961911号取得済。
  • *上記の数値は機械自身の能力を示すもので、ある特定の条件下で弊社にて確認したものです。
    実際の製袋速度はフィルムやその他の要因によって変動します。詳しくはお気軽に下記弊社営業までお問い合わせください。

BH-60DG-F 詳細

概 要 私たちの身近にあるお菓子やシリアル、調味料など食品類の包装や、ペットフードなどに使われることの多い底面が平らな袋がつくれる製袋機。ボックスパウチ®は内容物を封入すると自立性が非常に高く、箱のような感覚の外観となるため商品のアピール度が非常に高いパッケージが造れます。
製袋速度 サーボモーター制御システム(14サーボ)とトタニ独自の技術により、角底袋ながら<最高120ショット/分>の高速製袋と高品位・高強度のシール加工の両立を実現。密閉性も非常に高く、固形物だけでなく液体の保存や運搬にも適しています。
メリット 食品用や日用品用などの袋に使われるほとんどのラミネートフィルムに対応し、 従来型の同容量スタンドパック袋に比べ「12%ものフィルム節約」を実現。ボックスパウチ®でしかできない「5面印刷」にも対応可能。販売促進に寄与します。開口部ガセットもトタニだけの「立体折り込み」仕様で内容物が充填がしやすく、出しやすい仕様としました。二重包装の廃止や輸送コストの低減、ごみの減量にも貢献でき、高速稼動で高い生産性を誇ります。

製袋可能な袋の例

  • サイドガセット+ジッパー+角底タイプ

    サイドガセット +
    ジッパー + 角底タイプ

  • サイドガセット+ジッパータイプ

    サイドガセット +
    ジッパータイプ

  • サイドガセット+角底タイプ

    サイドガセット +
    角底タイプ

  • サイドガセット+上下角底タイプ

    サイドガセット +
    上下角底タイプ

食品の包装袋から日用雑貨、医薬品の包装袋まで幅広く対応。液体洗剤の詰め替え用袋やペットボトルの代わりにもなり、ビン、ペットボトルなどに代わる次世代の容器にも使えます。

袋の用途(市場ニーズ)からお奨めの製袋機の情報を探すこともできます。詳細は「袋の用途から探す」をご覧ください。

トタニ製袋機についてのお問い合わせ、ご相談

貴社の製袋用途に対応した機種、対応寸法、個別仕様変更のご相談などはこちらから。

  • (075) 933-7610
  • (075) 933-7602
このページのトップへ