製品情報

BH-60D高速三方シール自動製袋機

トタニ製袋機を代表するスタンダードモデル「BHシリーズ」。
高強度、高品質の三方シール袋を高速で製袋。高い生産性を誇ります。

BH-60D

BH-60D 詳細

概 要 袋の左右と底部分の3か所をシールした三方シール袋の製袋機。スーパーやコンビニで見ることの多いカレーやシチューなどのレトルト食品用として多く使われている袋を造る製袋機です。
製袋速度 サーボモーター制御システム(3サーボ)標準装備。
トタニ独自の技術により<最大240ショット/分>の高速製袋と、「高品位・高強度のシール加工」の両立を実現。オプションで<300ショット/分>の高速製袋も可能となりました。
メリット ほとんどのラミネートフィルムに対応。「高強度・高品位・高精度のシール加工」を高速で実現。本体のフレーム長さは、スペースや用途にあわせて、3種類をご用意。食品用や日用品、医薬品の輸液バックなどの多様な製袋に対応し、高い生産性を提供いたします。4サーボへのバージョンアップも可能です。

製袋可能な袋の例

BH-60D

タテ取り (図はタテ4列取りの場合です。)

  • L1(袋長):2度打ちの場合/最大 300mm、1度打ちの場合/最大 500mm
  • W1(袋幅):75mm~600mm
  • S1(シール幅):最大 80mm
  • S2(シール幅):最大 25mm

※ 最大送り長さはタテヒーターの長さにより制限されます。300mm以上の送り寸法では、タテシールは1度打ちになりますので、2度打ちが必要な場合はオプションの倍送り装置を使用してください。


BH-60D

ヨコ取り (図はヨコ4列取りの場合です。)

  • L2(袋長):50mm~600mm
  • W2(袋幅):2度打ちの場合/最大 300mm、1度打ちの場合/最大 500mm
  • S3(シール幅):最大 25mm
  • S4(シール幅):最大 40mm

※ 最大袋幅はヨコヒーター部に取付ける装備、およびヨコヒーター部フレーム有効長により制限される場合があります。従って上記の最大袋幅はフル装備での製袋可能寸法ではありません。

カレーなどのレトルト食品用から輸液パックの袋まで多彩な袋を造ることができます。

袋の用途(市場ニーズ)からお奨めの製袋機の情報を探すこともできます。詳細は「袋の用途から探す」をご覧ください。

トタニ製袋機についてのお問い合わせ、ご相談

貴社の製袋用途に対応した機種、対応寸法、個別仕様変更のご相談などはこちらから。

  • (075) 933-7610
  • (075) 933-7602
このページのトップへ