トタニの「モノづくり」

トタニの「モノづくり」

トタニの製袋機が選ばれる理由

シール/チャックシール編
シールの品質を左右するもうひとつの重要な要素が「冷却機構」。
トタニの製袋機は冷却水の温度設定が可能です。

概要と特徴

シールの品質を左右するもうひとつの重要な要素、それは「冷却」。製袋機では一般的にヒーターの温度がかなり高温になりますが、高温でシールされたフィルムを確実に冷却しないと、必要のないところまでフィルムがくっついてしまう「ブロッキング」(図参照)という現象が起きてしまいます。

「ブロッキング」とは

トタニ独自の冷却方法では、「圧力をかけて」冷却することでシールの強度を増し、仕上がりもきれいになります。安定した冷却もシール強度や仕上げの美しさには大きく貢献しているのです。

さらに冷却水の温度を常に監視しているために、万一、冷却水路が詰まったなどのトラブルがあっても、未然に発見することができるというメリットももたらしています。


※記載内容は予告なく変更する場合がありますので、予めご了承下さい。

お問い合わせ

製袋機についての詳細、対応機種、対応寸法、使える素材、個別の仕様・設定変更、見学など、 製品についてのご質問、ご相談、疑問は下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。

メール以外にも電話やFAXでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

  • 075-933-7610(代)
  • 075-933-7602
このページのトップへ